メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取・米子で積雪に備えラッセル車点検作業

ハンマーでたたいて異常がないかを確認するするJR西日本の担当社員ら=鳥取県米子市で2019年11月6日午前10時15分、横井信洋撮影

 JR西日本の後藤総合車両所運用検修センター(鳥取県米子市)で6日、積雪に備えラッセル車の整備点検作業があった。雪を線路外に出す「ウイング」やレール上の雪をかく「フランジャー」などラッセル車の除雪装置を実際に動かしたり、ハンマーでたたいてボルトの緩みがないかを確認したりした。

 米子支社管内には3両のラッセル車が配備…

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです