メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スノボ元五輪代表の国母和宏容疑者を逮捕 大麻取締法違反の疑い

国母和宏容疑者=2010年2月

[PR]

 米国から大麻を密輸したとして、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は6日、スノーボードの元五輪代表、国母和宏容疑者(31)=北海道千歳市=を大麻取締法違反(営利目的輸入)容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、昨年12月ごろ、知人らと共謀し、米国から大麻製品約57グラムを隠し入れた国際スピード郵便1個を密輸したとしている。同部によると、国母容疑者は輸入の事実は認めた上で、「売るつもりはなかった」と営利性は否認しているという。

 同部によると、昨年12月、東京税関が成田空港で、大麻成分を含んだ物質を発見。通報を受けた同部が先月、30代の男を同法違反容疑で逮捕し、捜査の過程で男の知人である国母容疑者の関与が浮上したという。国母容疑者は6日午前、同部に出頭した。

 国母容疑者は2006年トリノと10年バンクーバーの両冬季五輪の代表。バンクーバー五輪では、選手団の公式の服装でズボンを着崩すなどし、物議を醸した。競技の第一線を退いてからもプロスノーボーダーや指導者として活躍していた。【山本有紀】

相談窓口

全国精神保健福祉センター一覧

http://www.zmhwc.jp/centerlist.html

薬物依存症リハビリ施設「日本ダルク」

http://darc-ic.com/darc-list/

NPO法人全国薬物依存症者家族会連合会

http://www.yakkaren.com/

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです