メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選 1票の格差訴訟 広島高裁松江支部「合憲」 請求を棄却

 「1票の格差」が最大3.00倍だった今年7月の参院選は憲法が定める投票価値の平等に反するとして、弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟で、広島高裁松江支部(金子直史裁判長)は6日、「合憲」と判断し、請求を棄却した。原告側は上告する。

 二つの弁護士グループが全国14の高裁・高裁支部に起こした計16件の訴訟で10件目の判決。内訳は「合憲」が8件、「常識的に許容し難い格差」などとして「違憲状態」と判断したのが2件となった。

 金子裁判長は、国会が今夏の参院選に先立ち、埼玉選挙区の定数を「2増」するなどした昨年の公職選挙法改正について「抜本的な見直しとは評価し難い」と指摘しつつ、2016年参院選で最大3・08倍だった格差を縮小させたことは「一つの成果」と評価。「格差の更なる是正に向けての方向性や立法府の決意は放棄されていない」とし、「違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったとはいえない」と結論付けた。

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  5. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです