メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画村画像投稿役 「間違いありません」 公判で起訴内容認める

福岡地裁などが入る庁舎=福岡市中央区六本松で、平川昌範撮影

[PR]

 海賊版サイト「漫画村」に人気漫画を無断掲載したとして著作権法違反罪に問われた住所不定、無職、安達亘(わたる)被告(38)は6日、福岡地裁(蜷川省吾裁判官)の公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 起訴内容は2017年5月、「ONE PIECE(ワンピース)」と「キングダム」の画像を不特定多数が閲覧できるようにし、作者の著作権や出版元の出版権を侵害したとされる。安達被告はワンピースのみの無断投稿について審理された10月の初公判では、検察側の証拠開示が遅れたとして起訴内容の認否を留保していた。

 漫画村を巡っては、これまでに計4人が逮捕、起訴された。安達被告はサイト運営者で首謀者とされる星野路実(ろみ)被告(27)の側近で、運営メンバーに画像投稿を指示していたとみられる。【中里顕】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです