メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聴覚障害者 浸水した自宅に取り残される 救助に来た消防に気づかれず 福島

浸水した自宅で手話通訳者に被災状況を説明する丹野繁男さん(右)ときみ子さん(中央)夫妻=福島県伊達市梁川町で、岩崎歩撮影

[PR]

 台風19号の被災者に、助けに来た消防に気づかれず、浸水した自宅に取り残された聴覚障害者がいた。自力で救助要請できず、消防隊員の声も聞こえなかったためとみられる。文字で119番できるシステムもあるが、導入率は2割にとどまり、対応が急がれる。

 ともに聴覚障害がある丹野繁男さん(72)と妻きみ子さん(71)=福島県伊達市梁川町=は10月13日未明、豪雨に襲われた。前日に手話通訳者から避難を呼び掛けられ、避難勧告のエリアメールも携帯に届いていたが「大丈夫だろう」と考えていた。ペットの犬や猫も心配で、避難しなかったという。夫婦に雨の音は聞こえない。午前2時ごろ、きみ子さんが外を見て「自宅前が海のようになっている」と初めて異変に気づいた。既に床上浸水しており、急いで自宅2階に逃げた。

 消防が梁川町で救助を始めたのは午前3時ごろ。ボートで回り、助けを求める人がいないか確認した。丹野さん夫婦方の近くに住む女性は午前11時に救助された際「耳が聞こえない夫婦がいる」と消防隊員に伝えた。ところが消防隊員が2人の元に来ることはなく、水が引いた午後1時ごろまで自宅に取り残された。

Net119緊急通報システムの仕組み

 市によると、丹野さん夫婦は自力避難が困難な「避難行動要支援者名簿」に登録されているが、具体的な避難行動を定める「個別計画」は未作成で、消防との連携も取れていなかった。担当者は「対策を考えたい」としている。繁男さんは手話で「災害を甘く見た。早めの避難を心掛けたい」と自戒を込めて語り、きみ子さんも「待つしかなく、不安だった。ろう者がいる場所を行政の中で共有してほしい」と求めた。

 音声による119番が困難な聴覚障害者らのため、スマートフォンなどを使って文字情報で通報できる「Net(ネット)119緊急通報システム」がある。総務省消防庁によると、全国726消防本部のうち導入済みは168本部(6月1日時点)で、伊達市を管轄する消防も取り入れていない。2020年度末までに、導入済みも含めて578本部が導入予定という。【岩崎歩】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです