フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
フェレット=井上和也撮影
フェレット=井上和也撮影

 大分県警大分中央署で交番勤務だった2002年に通報を受けて捕獲を試みたフェレットに手をかまれ、感染症の治療を続けていた県警の男性警部補が今年1月に41歳で死亡していたことが、県警への取材で判明した。地方公務員災害補償基金県支部は7月、警部補の死亡を公務災害と認定した。

 県警によると、警部補は大分市の大分駅前交番で勤務していた02年6月26日早朝、「近くの公園にフェレットがいる」と110番を受けて出動。捕獲作業中に手をかまれ、3カ月後に感染…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

あわせて読みたい

注目の特集