「もっと強く戸をたたけば…」難聴女性に届かなかった避難呼び掛け 台風19号

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
台風19号による大雨で浸水した福島県須賀川市の市街地=2019年10月13日午前9時13分、本社ヘリから
台風19号による大雨で浸水した福島県須賀川市の市街地=2019年10月13日午前9時13分、本社ヘリから

 台風19号では、難聴で障害者手帳を持つ人も逃げ遅れ、犠牲になった。福島県須賀川市館取町の大淵広子さん(79)。避難の呼び掛けが聞こえなかった可能性がある。

 複数の知人らによると、大淵さんは数年前に夫を亡くし、1人暮らし。自宅近くの老人福祉センターに行き、カラオケを楽しむのが日課だった。10月12日も昼前に訪れたが、センターが午後から臨時休業になり、寂しそうに帰ったという。

 同じアパートの60代女性は午後7時ごろ、避難するか聞こうと大淵さんの部屋を訪れた。ガラス戸をたたいたが反応がない。電気がついておらずカーテンも閉まっていたため「…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文508文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集