メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯が京都にももたらした「一生に一度」しかない恩恵とは

ラグビーW杯日本大会で、日本戦は常に満員の観客で沸き返った=横浜・日産スタジアムで2019年10月13日、玉城達郎撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)を観戦に訪れた多くの外国人観光客が、試合会場やキャンプ地ではなかった京都市の観光にも恩恵をもたらしたとみられることが、京都市観光協会が発表した今年9月の宿泊状況調査で明らかになった。

 市内のホテルの客室数の約4割をカバーする58ホテル、1万2567室で調査した。

 W杯にイングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランド(北部のみ英国領)の4チームが出場した…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  3. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです