メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリが運ぶ世代超える絆 消滅危機から救われた・こうのとり音頭

「こうのとり音頭」を継承した子どもたちとともに、イベントで市民に踊りを披露する千代その子さん(中央)=兵庫県豊岡市城崎町今津で2019年10月27日午後2時32分、村瀬達男撮影

 国の特別天然記念物、コウノトリの生息地として知られる兵庫県豊岡市で25年前から踊り継がれている「こうのとり音頭」が、担い手の高齢化で継承が危ぶまれていた。今年10月、消滅の危機を知ったコウノトリの保護団体の橋渡しで、城崎温泉を拠点にするダンス団体代表の千代(ちしろ)その子さん(32)=京都市=と、主宰するダンスカンパニーの小学生に世代を超えて伝授された。【村瀬達男】

 「あこがれ運ぶこうのとり/このふるさとに/みんなと生きている」。音頭は1994年、豊岡市で開かれた…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信号待ちの車列に車突っ込む 7歳女児死亡、9人重軽傷 大阪

  2. JAつくば市の子会社、ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間

  3. 植松被告接見一問一答(初回~8回目)「本当に申し訳ありませんでした」「死ぬのは怖い」「事件前に大麻」

  4. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです