メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1歳児にエアガン発射 傷害容疑両親逮捕 昨年、肺感染症で死亡 福岡県警

死亡した1歳4カ月の男児が両親にエアガンで撃たれたとされる、一家が暮らす団地の一室=福岡県田川市伊加利で2019年11月6日午後8時14分、一宮俊介撮影

 エアガンで1歳4カ月の男児にプラスチック製のBB弾を多数発射し、けがをさせたとして、福岡県警は6日、男児の父親で土木業の常慶(じょうけい)雅則(24)=同県田川市伊加利(いかり)=と、母親で無職の藍(24)=同=の両容疑者を傷害容疑で逮捕した。男児は昨年12月に肺感染症で死亡しており、県警は日常的な虐待がなかったか追及する。

 逮捕容疑は昨年11月下旬ごろ、自宅で三男の唯雅(ゆいが)ちゃんの体にBB弾を多数命中させ、加療約3週間の皮下出血などのけがをさせたとしている。2人はいずれも「撃ったことはない」と容疑を否認している。

 県警によると、事件は昨年12月1日午前4時20分ごろ、藍容疑者から「息子が心肺停止状態です」と119番があり、搬送先の病院で全身にあざが見つかって発覚。唯雅ちゃんは同日朝に死亡した。死亡時の体重は同じ年齢の平均を顕著に下回っていたという。

この記事は有料記事です。

残り1306文字(全文1690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  4. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

  5. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです