メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展開変える”代走侍” 周東を支える「盗塁王」のイズムと周到な準備

代走の切り札として活躍が期待される野球日本代表の周東=那覇市で2019年10月28日午前11時0分、細谷拓海撮影

 試合終盤。展開を一気に変えたい時、日本代表の稲葉監督には「ジョーカー」が手札にある。圧倒的な脚力と走塁技術を持つ周東(ソフトバンク)だ。「僕が出る時は接戦の時。仕事をして1点を取りたい」と日本の切り札となる覚悟だ。

 その足が確かな武器になってきた。ソフトバンクで今季、主に代走ながら25盗塁をマーク。巨人との日本シリーズでは足で相手バッテリーに圧力をかけ、貴重な点を生み出した。日本代表でも持ち味を存分に発揮。カナダとの強化試合第1戦(10月31日)の九回に代走で起用され、いきなり初球から盗塁を成…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  2. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  3. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです