メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表 新ユニホーム発表 テーマは「日本晴れ」 5色の青で表現

 日本サッカー協会は6日、日本代表が着用する新しいユニホームを発表した。テーマは「日本晴れ」で、5色の青を用いて、選手やサポーターが見てきた空が一つにつながっていく様子を表現したという。浮世絵から着想を得た。襟元裏には「日本晴れ」の文字が施され、逆さまにすると男子は「侍魂」、女子は「撫子(なでしこ)魂」と読めるようになっている。

 男女全世代共通で、今月10日にある女子日本代表の国際親善試合、南アフリカ戦(ミクニワールドスタジアム北九州)でお披露目される。フル代表は14日のワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選のキルギス戦(ビシケク)で着用する予定。東京五輪では左胸の日本サッカー協会のエンブレムと、脇の3本線を除いたデザインになる見込みだ。

この記事は有料記事です。

残り94文字(全文422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです