メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

走攻守そろうリンゴスター・外崎 収穫で鍛えた筋肉で支える侍ジャパン

子供たちにキャッチボールのコツを指導する外崎修汰選手(左)=弘前市で2017年12月16日、藤田晴雄撮影

 世界一奪還を目指し国際大会「プレミア12」を戦っている日本代表「侍ジャパン」。稲葉監督のもと、集結したメンバーを紹介する。今回は、内外野の守備を高レベルでこなすユーティリティープレーヤー、西武の外崎修汰(26)。

 実家は青森県弘前市のリンゴ農家。今季5月にあった楽天との凱旋(がいせん)試合では、地元メディアを含め、観客から大きな注目を集めた。まさに青森の地が生んだ「リンゴスター」だ。

 走攻守、全てがハイレベル。昨季は外野手として、今季はフリーエージェント(FA)で抜けた浅村の穴を埋…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  3. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  4. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

  5. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです