メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

バイオリニスト・千住真理子さんが語る“人生を変えた名器”との出会い

「サワコの朝」に登場する千住真理子さん(右)=MBS提供

[PR]

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、11月9日午前7時半~8時)のゲストは、バイオリニストの千住真理子さん。

     長男は日本画家の博さん、次男は作曲家の明さんという芸術一家・千住三兄妹の末っ子としても知られる真理子さん。今年2月には「天皇陛下御在位三十年記念式典」で三浦大知さんの歌に合わせ、明さんとともに記念演奏を披露したことでも話題になった。

     そんな真理子さんがバイオリンを始めたのは、2歳3カ月の時。兄たちの影響を受けてバイオリンを習い始めると、小学6年生で全日本学生音楽コンクール小学生の部で優勝。その後も数々の名だたるコンクールで入賞し、天才少女の名をとどろかせた真理子さんは、12歳で異例のプロデビューを果たした。

     しかし、慶応大学に通っていた20歳の時に思わぬ困難が真理子さんを襲う。「バイオリンは、一生弾かない」と決断させたほど「ずいぶん、いろいろなことがあった」と当時を語る真理子さん。

     バイオリンを再開した理由、そして、楽屋で大泣きしたこともあった復帰後の苦悩をサワコに打ち明けた。ほか、スタジオでは愛用のバイオリン・ストラディバリウスの“デュランティ”で生演奏を披露。バイオリンの最高傑作ともいわれ、かつてローマ法王の手元にあった幻の名器との出会いについて「手にとって音を出した瞬間に私の人生は変わりました!」と語る真理子さん。

     生活は全てストラディバリウスのためにあり、楽器に近づくと赤外線センサーが作動するほど自宅の中は万全のセキュリティーだという。そんな日常の中では、あやまってお母さまが警察に捕まってしまったこともあったそうで……。バイオリンと共に歩んだ楽しくも苦しい音楽人生の軌跡をサワコとたどる。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

    2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

    3. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

    4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

    5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです