メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

北マケドニア人の元画家が作ったバイオリン、世界で人気に

 画家だった北マケドニア人男性の手によるバイオリンが、いまでは世界中で人気を集めるまでになった。写真は9日、北マケドニアのベレスで撮影(2019年 ロイター/Ognen Teofilovski)

[PR]

 [4日 ロイター] - 画家だった北マケドニア人男性の手によるバイオリンが、いまでは世界中で人気を集めるまでになった。きっかけは、息子にバイオリンを買ってやる余裕がなかったため、独学で楽器作りを始めたことだった。

     元画家のスベトザール・ボグダノスキーさんが楽器づくりを始めて何年もたつと、彼のバイオリンは世界で有名になった。

     材料は、ボスニアの森のカエデやトウヒ。これまでに700以上の楽器を作ったという。

     ボグダノスキーさんは「バイオリンはそれぞれ、特別でユニークなものだ。似たように見えても、1つとして同じものはない。人間と同じように、お互いに違う」と語った。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

    2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

    3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

    4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

    5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです