メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名物おかみ、しのぶ写真展 熊野古道「とがの木茶屋」の故・玉置さん 田辺 /和歌山

玉置こまゑさんの写真展を開いた大上敬史さん(左)と芝先隆さん=田辺市中辺路町の熊野古道とがの木茶屋で、山中尚登撮影

1日限り、ゆかりの人集い思い出語る

 熊野古道にある「とがの木茶屋」(田辺市中辺路町野中)の名物おかみとして知られ、9月に94歳で亡くなった玉置こまゑさんをしのぶ1日限りの写真展が3日、同茶屋で開かれた。生前、玉置さんとゆかりのあった人たちが集い、さまざまな思い出を語り合った。【山中尚登】

 海南市の写真家、大上敬史さん(60)や、那智勝浦町の介護老人保健施設に勤める芝先隆さん(66)らが企画した。

 玉置さんは長年、熊野古道を訪れる旅人をもてなし、疲れを癒やしてきた。小説家の故立松和平さんも玉置さ…

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです