メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビエンナーレ 新設・プロポーザル部門 受賞作品、宇部高に完成 創立100周年記念で公募 /山口

完成した作品「ソアリング・カタバミ」

 宇部市のときわ公園で開かれている「第28回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」で、今回から新設されたプロポーザル部門の受賞作品「ソアリング・カタバミ」が完成した。作品は県立宇部高(西村和彦校長)創立100周年記念として制作されたもので、12日午後0時40分から同校で除幕式がある。

 UBEビエンナーレでは、これまで彫刻の丘を会場とする屋外彫刻の公募のみだったが、今回から地域とのつながりを重視した「アーティスト・イン・レジデンス部門」と「プロポーザル部門」が新たに設けられた。…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  4. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです