JAL前面に大茶会 福智の器とスイーツ発信 9日開幕 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
割山椒に盛られた福智町産ハチミツ入りジェラート
割山椒に盛られた福智町産ハチミツ入りジェラート

 県内の人気菓子店が一堂に会する「JAL福智スイーツ大茶会」(実行委員会主催)が9、10両日、福智町金田の屋内競技場「金田ドーム」で開かれる。7回目の今年は、町と2018年に包括連携協定を結んだ日本航空が前面に出て、初めて名称にJALの冠をつけて機内誌でも紹介。初の「上野焼に似合うスイーツコンテスト」を開催し、器とスイーツの魅力を全国に発信する。

 実行委によると、今回は新規5店を含む県内55店が色とりどりの和洋菓子を用意。地元産ハチミツを使ったプリンとジェラートは、それぞれ上野焼の器付きで各日限定100個販売する。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文762文字)

あわせて読みたい

注目の特集