メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 男子・松浦、2年連続3回目 女子・諫早、2年ぶり25回目V /長崎

ガッツポーズでフィニッシュする松浦の山本羅生(らいき)選手

[PR]

 男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)の県予選が6日、雲仙市の雲仙・小浜マラソンコースであった。42校が出場した男子は松浦が2年連続3回目、32校で争った女子は諫早が2年ぶり25回目となる都大路への切符を手にした。全国大会は12月22日に開かれる。また、男女の上位3校は大分県で今月16日にある九州大会に出場する。【中山敦貴、近藤聡司】

 ◆男子

チーム力でタイム更新

 松浦が7区間中5区間で区間賞を獲得する力走で2連覇を果たした。タイムで昨年の県予選を39秒更新し、2位の鎮西学院に2分以上の差をつけるなどチーム力を見せた。

 エースが集まる1区の植村優人選手(3年)は鎮西学院と22秒差の2位だったが、沢田洋監督は「2区、3区で必ず逆転できる」と読んでいたという。

 その言葉通り、2区の吉浦悠(はる)選手(1年)が「1秒でも差を詰め、先輩たちを楽にする」と前を追って6秒差に迫ると、「3区で自分が仕掛ける」と想定していたという内野李彗(りせい)選手(3年)が得意の上り坂で先頭に立ち、逆に1分近いリードを奪った。

 4区では網本佳悟選手が区間賞を獲得し、沢田監督から「1年生としてはありえない程の活躍」とたたえた。

 6年ぶりに出場した昨年の都大路は23位。植松選手は「練習を積んで気持ちを高めて、自分の限界を超えられるような走りをしたい」と誓っていた。

全員が1年生、粘って17位に 佐世保北

 ○…佐世保北は、3年生の引退などで選手7人全員が1年生だった。23位で2区にリレーした後は、他校の上級生ランナーの背中に必死で食らいつき、徐々に順位を上げ17位でゴールした。7区の林悠人選手は、普段は800メートルの中距離走者だが、駅伝に対応するため10キロの走り込みなどに打ち込んでこの日を迎えたといい、「不安も大きかったが団結できた。来年は九州大会を目指したい」と話した。

 ◆女子

復活遂げた圧巻の走り

「カムバック諫高」と書かれた右腕を掲げフィニッシュする諫早の畑本夏萌(かほ)選手

 「返り咲こう カムバック諫高」。そう書かれた右腕を掲げ、諫早の畑本夏萌選手(2年)がフィニッシュした。24年連続の都大路を逃した昨年からの復活を期すチームは、5区間全てで区間賞を獲得する圧巻のレースを見せた。

 昨年と同じ1区を任された弟子丸小春選手(3年)は「自分が流れを作れず負けた」と悔しさをバネに努力を重ねてきた。今年は長崎商に42秒の差をつけ、「このまま目標のタイムで優勝したい」とたすきをリレーした。

 2区の森田真帆選手(2年)以降も、さらにリードを広げる快走を見せ、最後まで独走を続けた。終わってみれば、2位の長崎女子に5分近い差をつけていた。

 チームの記録も昨年の県予選を約2分短縮した。1年前の悔し涙を、うれし涙に変えた藤永佳子監督は、「今回のゴールが諫早の新しいスタートライン。都大路でも8位入賞を目指す」と力を込めた。

大学でも駅伝続ける 長崎商

 ○…昨年、悲願の初優勝を飾った長崎商の連覇はならなかった。3年生として唯一走った浜添麻那選手は1区で2位につけたが、最終区まで徐々に順位を落とし、5位でフィニッシュ。「皆でもう一度都大路に立ちたいという思いで頑張ってきたのに、残念」と涙ぐむ浜添選手だが、大学でも陸上部で駅伝を続けるといい、「今後も努力を重ねたい」と前を向いた。


 ◆男子上位成績◆

(1)松浦    2時間9分2秒

 (植村優人、吉浦悠、内野李彗、網本佳悟、藤山龍誠、小茂田勁志、山本羅生)

(2)鎮西学院  2時間11分21秒

 (花尾恭輔、平山喜一朗、本山凜太朗、小林大晟、浅井海堂、金泳勲、宮川康之介)

(3)瓊浦    2時間13分16秒

 (林田洋翔、横田玖磨、新郷幸聖、長島玲音、谷口瞬之介、松野颯斗、入浜輝大)

(4)創成館   2時間13分29秒

(5)川棚    2時間15分25秒

(6)長崎北陽台 2時間23分28秒

(7)諫早農   2時間23分36秒

(8)青雲    2時間25分26秒

(9)大村工   2時間25分38秒

(10)西海学園  2時間25分59秒

 ◆男子区間賞◆

1区(10キロ)     花尾恭輔(鎮西学院)  30分37秒

2区(3キロ)      吉浦悠(松浦)      9分15秒

3区(8.1075キロ) 内野李彗(松浦)    25分 3秒

4区(8.0875キロ) 網本佳悟(松浦)    24分39秒

5区(3キロ)      藤山龍誠(松浦)     9分 0秒

6区(5キロ)      小茂田勁志(松浦)   14分55秒

7区(5キロ)      宮川康之介(鎮西学院) 15分 6秒

 ◆女子上位成績◆

(1)諫早   1時間9分5秒

 (弟子丸小春、森田真帆、川尻優里、黒川光、畑本夏萌)

(2)長崎女子 1時間13分54秒

 (谷口玲央奈、貞松真帆、浜添花穂、今川彩美、中村まこ)

(3)鎮西学院 1時間14分30秒

 (末永恋菜、浜崎乃愛、浜崎ほの香、林田苑子、藤江愛奈)

(4)瓊浦   1時間14分35秒

(5)長崎商  1時間14分59秒

(6)口加   1時間17分51秒

(7)壱岐   1時間17分56秒

(8)長崎南  1時間19分 7秒

(9)川棚   1時間19分50秒

(10)長崎西  1時間21分 0秒

 ◆女子区間賞◆

1区(6キロ)      弟子丸小春(諫早) 19分32秒

2区(4.0975キロ) 森田真帆(諫早)  13分14秒

3区(3キロ)      川尻優里(諫早)   9分53秒

4区(3キロ)      黒川光(諫早)   10分 4秒

5区(5キロ)      畑本夏萌(諫早)  16分22秒


 全チームの成績は後日掲載予定です

〔長崎版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  3. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  4. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  5. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです