メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本・渡り鳥飛来シーズン到来 鳥インフルに備え防疫演習 /熊本

実際に防疫服を着用していく県職員

 高病原性・低病原性鳥インフルエンザの発生を想定した防疫演習が熊本県の氷川町竜翔センターで実施された。11月から4月末までは鳥インフルエンザが発生しやすい時期とされ、県南広域本部が管内の八代市、氷川町の関係者を対象に毎年10月末に実施。参加した約80人は緊張した表情で演習に臨んだ。

 演習前に立川優・県南広域本部長が「これから渡り鳥の飛来シーズンとなる。万全の態勢を整えてほしい」とあいさつ。氷川町の養鶏…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです