メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏み跡にたたずんで

黒い羽根のある沈黙=小野正嗣

 カラスたちが舞う。荒れ狂う大波のような風が次々と襲ってくる。飲み込まれまい、溺れまいとあがくことが飛ぶことの同義となる。

 だから、カラスたちはみずからの意志で飛んでいるのではなく、風に弄(もてあそ)ばれているようにしか見えない。実際、翼が打たれることはない。ただ広げられている。一羽一羽がバラバラにされた黒い読点になって空間に散りまかれる。

 そのようにして風は何かを綴(つづ)ろうとしている。むろん読点だけでは決して文章を作ることはできない…

この記事は有料記事です。

残り2012文字(全文2233文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです