メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

補正予算ってなぜ作るの? 災害、景気悪化に備え 前年度の剰余金で捻出=回答・森有正

2018年度第2次補正予算案が可決され、一礼する安倍晋三首相(手前)=2月5日、宮間俊樹撮影

 なるほドリ 国の補正(ほせい)予算ってどんなもの?

 記者 国は毎年度、税収など歳入(さいにゅう)と社会保障費など歳出(さいしゅつ)を見積もって予算を作ります。年末までに翌年度の予算案を作り、国会で審議(しんぎ)して新年度から実行します。しかし、災害や景気悪化といった想定外の事態が起きると、復旧や景気下支えのため新たに支出が必要となる場合があります。そのために年度途中に追加で作るのが補正予算です。

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. サッカー、アギーレ元監督に無罪 八百長疑惑で日本代表監督解任

  3. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  4. 公明・山口代表、升酒乾杯で「迷惑かけた」 桜を見る会めぐり陳謝

  5. 「話がしたかった」新幹線車掌、同僚女性をグリーン車に無賃乗車させる JR西、2人を処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです