メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

与党、国会遅れ挽回躍起 相次ぐ閣僚辞任で日程窮屈 「貿易」「改憲」に支障

 6日の衆院予算委員会開催による国会正常化を受け、自民、公明両党は同日朝の幹事長・国対委員長会談で、日米貿易協定承認案など重要議案の今国会中の成立を目指すことを確認した。承認案に関し与党は当初、憲法の衆院優越規定で12月9日の会期末までの自然承認が可能になる11月8日の衆院通過を目指したが、閣僚の相次ぐ辞任などでずれ込み、遅れを挽回しようと躍起だ。【立野将弘、遠藤修平】

 自民党の森山裕国対委員長は6日朝、記者団に「日米貿易協定など大事な法案を抱えている。会期内の成立を目指してしっかり頑張っていこうと確認した」と与党方針を説明。承認案について「来週のしかるべき時期に参院に送れるよう頑張っていきたい」と語った。臨時国会開会から1カ月が過ぎたが、承認案や、今国会での成立を目指す国民投票法改正案などの議案はいずれも衆院通過すらしていない。会期末まで1カ月あまりとなる中、…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文971文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. JR東が終電繰り上げ、最大37分 来春、首都圏17路線

  3. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです