メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

企業の障害者雇用「外注」 分断広げる「数合わせ」=山田奈緒(東京社会部)

障害者が作業するビニールハウスが建ち並ぶ「企業向け貸農園」=さいたま市岩槻区で9月20日、山田奈緒撮影

 企業が障害者の雇用を外注できる「企業向け貸農園」の仕組みに対して賛否の声があがっている現状を、10月8日の朝刊(東京本社発行)で紹介した。貸農園は、障害者雇用促進法が定める法定雇用率を達成しようと、多くの著名企業や大手企業が利用している。その背景を取材すると、障害者の生きる社会と、健常者の生きる社会の分断の深刻さが見えた。働く障害者の数は15年連続で過去最高を記録しているのに、共生社会への道のりは遠いと感じる。

この記事は有料記事です。

残り1808文字(全文2016文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  3. 女の気持ち プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

  4. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  5. 公園に88歳母、自宅に70歳娘の遺体 無理心中か 福岡・西区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです