メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「壁」と世界

自由への反動/中 「欧州の価値観」に溝

メルケル独首相(左)とクランプカレンバウアー氏=ベルリンで7月

 「ツイッターやフェイスブックなどが高額の罰金を恐れて過剰反応し、削除の必要のない書き込みまで削除する恐れがある」

 昨年1月にドイツで本格施行されたインターネット規制法に、独ジャーナリスト協会のフランク・ユーバーアル会長はこう警鐘を鳴らす。この法律は、刑法上問題となる差別表現があった場合、ソーシャルメディア運営者に原則、通報から24時間以内の削除を義務付けるものだ。違反すれば、最高5000万ユーロ(約61億円)の罰金となる。

 規制法が成立した背景には、中東やアフリカから難民・移民が押し寄せた2015年以降、ネット上にあふれ…

この記事は有料記事です。

残り1017文字(全文1281文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  3. 沢尻エリカ容疑者を送検 麻薬取締法違反容疑

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 京都成章6大会連続の花園 京都工学院降しV 高校ラグビー

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです