メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「壁」と世界

自由への反動/中 「欧州の価値観」に溝

メルケル独首相(左)とクランプカレンバウアー氏=ベルリンで7月

 「ツイッターやフェイスブックなどが高額の罰金を恐れて過剰反応し、削除の必要のない書き込みまで削除する恐れがある」

 昨年1月にドイツで本格施行されたインターネット規制法に、独ジャーナリスト協会のフランク・ユーバーアル会長はこう警鐘を鳴らす。この法律は、刑法上問題となる差別表現があった場合、ソーシャルメディア運営者に原則、通報から24時間以内の削除を義務付けるものだ。違反すれば、最高5000万ユーロ(約61億円)の罰金となる。

 規制法が成立した背景には、中東やアフリカから難民・移民が押し寄せた2015年以降、ネット上にあふれるようになった彼らへの誹謗(ひぼう)中傷がある。

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1281文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「自宅籠城を」 小倉城が緊急事態宣言仕様の「御城印」をネット限定販売

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 あおり運転の「ガラケー女」に誤認、今も続く中傷 それでも「裁判通し誰かの役に立ちたい」

  4. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入された石綿、いまだに販売 発症は数十年後 誰もが被害者になる恐れ

  5. 救急搬送の辞退も 介護施設内でコロナ患者9人が最期 埼玉・戸田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです