メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

再選への布石 シリア撤収=東洋大学国際学部教授・横江公美

 トランプ米大統領が10月7日、シリア北東部からの米軍撤収を決めたことで、与党・共和党との間で不協和音が生じたように見えたが、そこには抜かりない大統領選再選への戦略が用意されていた。

 シリア北部はクルド人勢力が事実上支配し、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦で米国と共闘してきた。しかし、米軍撤収開始後の9日、トルコはクルド人支配地域への侵攻を開始し、共和党内からもトランプ氏を批判する声が上がった。

 ところが、その先頭に立っていたリンゼー・グラハム上院議員はトランプ氏と会談して以降、口を閉ざすようになり、共和党内の批判も収まった。10月下旬になると、シリアからの撤収を後押しする論考がメディアに登場し始めた。

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バイデン大統領が直面する困難な戦い 「事実を重んじる社会の再生」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです