メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん征圧キャンペーン「生きる」

小児がん征圧キャンペーン 「生きる~2020 New Year 若い命を支えるコンサート」

 ピアノの仲道郁代さんと、バイオリンの石田泰尚さん。当代きっての人気奏者の初顔合わせが実現する。来年1月19日、横浜みなとみらいホール(横浜市西区)での「生きる~2020 New Year 若い命を支えるコンサート」。小児がん征圧キャンペーンの一環として、13回目を迎える演奏会だ。「若い命を支える」という副題にふさわしく、第73回全日本学生音楽コンクールの1位受賞者らも参加し、病と闘う同世代の仲間を力づける。共演は、指揮者の永峰大輔さんと神奈川フィルハーモニー管弦楽団。令和最初の正月、横浜の空に「命の響き」がこだまする。【斉藤希史子】

 仲道さんが弾くのはグリーグのピアノ協奏曲。「母の好きな曲だったため、おなかの中で毎日レコードを聴いていた」といい、小学6年生で初めて挑戦した協奏曲でもある。「父の転勤で米国の中学に転校した際、あいさつ代わりに第3楽章を弾いた」ところ、級友が熱狂し、一気に溶け込めた思い出がある。「言葉が通じなくても、心と心を直接つなぐ音楽の力」を実感した。

この記事は有料記事です。

残り2776文字(全文3217文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 京産大で学生13人感染 欧州旅行や卒業祝賀会参加 市「クラスター発生」

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです