メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

小林エリカさん=「放射能」の歴史を問う漫画「光の子ども」の作者

小林エリカさん=2019年10月25日、田中泰義撮影

小林(こばやし)エリカさん(41)

 なぜ原爆が開発され、東京電力福島第1原発事故が起き、今、私たちの生きる世界があるのか。放射線を光として見ることができる少年が、タイムスリップして1世紀前の放射性物質の発見以降の世界を訪れる3部作の物語である。登場人物はヒトラーやキュリー夫人ら数十人。写真や文献を豊富に盛り込み、推理小説のように仕上げた。

 ともにシャーロック・ホームズの研究家という両親のもとで育ち、自宅は本にあふれていた。今でも大好きな…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  3. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです