連載

Stand・by・you!そばにいるよ

相模原市の障害者施設で元職員が入所者ら46人を殺傷する事件が起き、障害者は不幸だと決めつけるような容疑者の供述が社会に衝撃を与えました。それでも福祉や介護、医療などの現場では、共生を願い、誇りとやりがいを持って当事者のそばに寄り添う人たちがいます。「Stand by you! そばにいるよ」では、これからを担う世代の奮闘を紹介していきます。

連載一覧

Stand・by・you!そばにいるよ

障害ある子ども、生き生き暮らせる社会へ 草野遥香さん(32)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

重症心身障害児の相談支援専門員 草野遥香さん(32)

 「子どもがやりたいことを聞き取り、読み取り、遊びの中に発達を促すエッセンスを入れる」。相談支援専門員の仕事で大切にしていることだ。10月中旬に取材に訪れた日は、5歳の男の子が職員の押す子ども用車椅子に乗って図書館まで往復し、借りてきた好きな電車の本を楽しそうに読んでいた。

 勤務先は、重度の知的障害と肢体不自由がある重症心身障害児が通う「FLAP YARD」(東京都足立区)。未就学児らの発達支援、放課後等デイサービス、障害児の自宅へのヘルパー派遣などさまざまな事業を展開しており、そこで子どもの支援計画を立てている。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文634文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集