メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和の大嘗祭考

/上 素朴な農民文化に源流 国学院大学名誉教授・岡田荘司さん

岡田荘司・国学院大学名誉教授=高島博之撮影

 大嘗祭(だいじょうさい)は天皇が即位して行う一代に一度の宮中祭祀(さいし)で、歴代天皇は五穀豊穣(ほうじょう)を願い、自然災害が起きないように祈念してきました。現代人には読み解きにくい部分もあるかもしれませんが、源流にあるのは非常に素朴な農民文化です。天皇と農民が一体となって秋の収穫を祝ってきたのです。

 大嘗祭が始まったのは、天武、持統天皇が即位した飛鳥時代(7世紀後半)です。この時期、朝廷や豪族を二分する「壬申の乱」があったほか、大地震や干ばつの災害が相次ぎました。社会を安定化させるため、天皇の求心力を高める必要がありました。律令を整備し、天孫降臨など天照大神(あまてらすおおみかみ)と天皇をつなぐ神話などを体系化し、天照大神を祭神とする大嘗祭も成立しました。

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1257文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  3. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです