メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和の大嘗祭考

/上 素朴な農民文化に源流 国学院大学名誉教授・岡田荘司さん

岡田荘司・国学院大学名誉教授=高島博之撮影

 大嘗祭(だいじょうさい)は天皇が即位して行う一代に一度の宮中祭祀(さいし)で、歴代天皇は五穀豊穣(ほうじょう)を願い、自然災害が起きないように祈念してきました。現代人には読み解きにくい部分もあるかもしれませんが、源流にあるのは非常に素朴な農民文化です。天皇と農民が一体となって秋の収穫を祝ってきたのです。

 大嘗祭が始まったのは、天武、持統天皇が即位した飛鳥時代(7世紀後半)です。この時期、朝廷や豪族を二…

この記事は有料記事です。

残り1054文字(全文1257文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです