メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野党党首ら、衆院選の候補者調整加速で一致 都知事選の統一候補も

国会議事堂=川田雅浩撮影

 立憲民主党の枝野幸男、国民民主党の玉木雄一郎両代表、共産党の志位和夫委員長ら野党党首は6日夜、東京都内のホテルで約2時間半会談した。次期衆院選に向けて候補者調整を加速することや、来年夏の都知事選で野党統一候補の擁立が必要だとの認識で一致した。

 立憲などの会派に所属する中村喜四郎元建設相が呼びかけ、野田佳彦前首相や岡田克也前副総理(いずれ…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです