メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本市交通局 ヤフオクに“お宝”出品 旧市営バス時代の品も

男性が手にしているのは昭和42年製造の手提げ運賃箱。女性が左手に持つのは「動物マーク入り路線系統看板」で、右手は市電のつり革=山本泰久撮影

 熊本市交通局が、旧市営バス時代のバス関連品と市電関連品をヤフーオークションの「官公庁オークション」に出品している。入札参加締め切りは11月8日午後2時。出品数は計55品で、マニアにとっては喉から手が出るほど欲しくなりそうなものばかりだ。

 バス関連品は27品、市電関連品は26品で、市交通局65周年記念・市制100周年記念として…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 東京都で新たに22人の感染確認 20人超は15日ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです