メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玉砕の島「ペリリュー」最後の生存者 惨状語り継ぐ 98歳で死去 永井敬司さん

取材に応じ、悲惨な体験を語る永井敬司さん=茨城県茨城町で2018年8月6日、手塚耕一郎撮影

 太平洋戦争の激戦地で、日本兵約1万人が犠牲になったパラオのペリリュー島から生還した永井敬司さん(98)=茨城県茨城町=が4日、入院先の同町内の病院で大腸がんで亡くなった。島から生還した日本兵34人のうち最後の生存者だった。近年は戦争体験を語り継ぐ活動に力を入れていた。

 永井さんは笠間市出身。18歳で志願し、水戸市に拠点を置く陸軍歩兵第二連隊に所属した。旧満州(現中国東北部)で国境警備についた後にペリリュー島へ派遣され、米軍から飛行場を守る…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです