メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ズワイガニ初競り 世界最高500万円 鳥取

初競りで500万円で競り落とされたズワイガニ=鳥取市の鳥取港で2019年11月7日午前8時9分、小坂春乃撮影

[PR]

 6日に今季の漁が解禁されたズワイガニの鳥取県内での初競りが7日早朝、鳥取港(鳥取市)であり、1匹500万円の価格で競り落とされたカニが出て、関係者を沸かせた。県によると、カニの落札価格としては世界最高という。

 漁は6日午前0時に解禁され、県内ではこの日が初水揚げだった。県産で形や質が特に良いものは「五輝星(いつきぼし)」のブランド名で売り出している。最高値が付いたカニは、この「五輝星」に認定された雄の「松葉ガニ」で、甲羅の幅14・6センチ、重さ約1・2キロ。

 同県では昨季の初競りで200万円の値がついたものがあり、ギネス記録となった。【小坂春乃】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 犯人は逃走

  2. 鳥、ヘビ、魚…ナスカの地上絵新たに143点発見、AIも活用 山形大

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 平等院鳳凰堂がライトアップ 阿弥陀如来坐像など厳かに照らす

  5. 「テニスの王子様」 俳優の滝口幸広さん死去、34歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです