メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

同性事実婚に法的保護判決 政界も注目 同性婚の立法化へ転機となるのか

石川大我参院議員

 宇都宮地裁真岡支部(中畑洋輔裁判官)が9月に出した慰謝料訴訟の判決が、政界でも注目されている。「同性カップルであっても、事実婚(内縁)に準じた法的保護に値する利益が認められる」として同性間でも内縁が成立すると事実上認めた初めての司法判断だ。これを機に同性婚やLGBTを巡る議論が活発化するのだろうか。

 「同性カップルが歩んだ道のりを認定した画期的な判決だ」。こう評価するのは立憲民主党の石川大我参院議員。ゲイであることを公表し、7月の参院選に初出馬して当選した。「同性カップルの法的保障がさらに進めばいい。泣き寝入りしてしまうカップルは多い。裁判所が認めたことは希望になり、同性カップルの生活の安定にもつながる」と期待する。

この記事は有料記事です。

残り1288文字(全文1601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです