メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「眼の底に残る赤い空」74年経て元日本兵が描く東京大空襲 忘却を恐れ、怒りを込めて

 約10万人が犠牲となった1945年3月10日の東京大空襲を目撃後、日本軍兵士として満州に渡り、シベリア抑留も経験した東京都三鷹市の長谷緑也さん(94)が、74年の時を経て東京大空襲の絵を描き上げた。「まぶたの奥に焼き付いた惨状を記録にとどめなくては」と昨年末に描き始め、約3カ月かけて計13点を完成させた。【後藤由耶/写真映像報道センター】

 長谷さんは召集前、現在の立川市内で暮らし、画家を目指しながら運送会社で働いていた。立川は軍事施設が多く、45年2月以降は米軍による空襲の標的になっていた。赤紙(召集令状)が届いた時、まだ19歳だった。

この記事は有料記事です。

残り1261文字(全文1533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです