仲間と協力できる淡路島のニホンザル 島に隔離されて寛容に?

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ニホンザルにはできないと考えられていた仲間との協力行動が、兵庫県・淡路島のニホンザルでは確認できたと、大阪大の研究チームが霊長類学の国際専門誌電子版で発表した。淡路島のサルは他の地域に比べ、餌を得るためであっても仲間への攻撃をあまりしない特徴がある。チームは「人間が協力行動を獲得した進化の道筋の解明につながる成果だ」としている。

 ニホンザルは集団内の順位が明確で、順位の高いサルが餌を独占することが知られている。しかし、淡路島のサルは、島に隔離されて攻撃性の低い遺伝子が多く残った可能性があり、食べ物を取り合わないなど寛容性が特別に高いと言われる。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文591文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集