メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍F16戦闘機から230キロの模擬弾落下、けが人なし 三沢基地所属

F16戦闘機=米空軍のホームページから

 米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が同県三沢市と六ケ所村にまたがる米軍施設「三沢対地射爆撃場」の敷地外に、重さ約230キロの模擬弾1発を落下させた。米軍側が防衛省に連絡し、判明した。模擬弾に火薬は入っていなかったという。防衛省や県などによると、落下地点は射爆撃場から西に約4・8キロの同村内の牧草地で、周囲に民家はなくけが人はなかった。

 在日米軍は三沢基地所属機による模擬弾の投下訓練を当面中止すると同省に伝えた。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

  4. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  5. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです