「高校eスポーツ連盟」設立 コミュニケーション能力や英語力アップ目指す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 毎日新聞社とIT企業のサードウェーブは7日、一般社団法人「全国高校eスポーツ連盟」(JHSEF=ジェセフ)を設立したと発表した。両社は同じ高校の生徒同士がチームを組んで、対戦型コンピューターゲームの腕前を競う「全国高校eスポーツ選手権」を共催しており、高校eスポーツの健全な発展と普及を目指す。

 コンピューターゲームは依然として娯楽のイメージが強いことから、eスポーツの魅力を伝え、理解を深めてもらおうと設立した。大会運営や高校のeスポーツ部の発足支援などを行う。理事長には、元文部科学省スポーツ・青少年局長で尚美学園大学長の久保公人氏が就任した。

 連盟が魅力の一つに挙げるのが教育効果だ。全国高校eスポーツ選手権のプロデューサーで、連盟理事に就任したサードウェーブの大浦豊弘氏は5対5などチームで戦うゲームが多いことから、「仲間と深くコミュニケーションできる」とコミュニケーション能力の向上を指摘する。eスポーツが盛んな米国の北米教育eスポーツ連盟と提携し、短期交換留学などを通じて英語力のアップにつなげることも構想している。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文744文字)

あわせて読みたい

ニュース特集