首里城3Dモデル再現へ みんなの写真求めます 東大研究者ら

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インターネット上の写真をもとに作成した首里城の3Dモデル。プロジェクトで多くの画像を集め、より精緻なモデル作成を目指す=Team OUR Shurijo提供
インターネット上の写真をもとに作成した首里城の3Dモデル。プロジェクトで多くの画像を集め、より精緻なモデル作成を目指す=Team OUR Shurijo提供

 あなたの写真やビデオで、沖縄の首里城を再現しませんか――。10月31日未明に火災で主要な建物が焼失した首里城(那覇市)を三次元(3D)モデルで復元するため、画像の提供を求めるプロジェクトを、文化財のデジタル保存などに詳しい東大大学院の研究者や学生たちが始めた。欧米の専門家とも連携し、100万枚の画像を集めて精巧なモデルの作成を目指す。【和田浩明/統合デジタル取材センター】

 3Dモデルはデジタル空間に再現した立体模型で、回転させて上下左右から見ることもできる。「みんなの首里城デジタル復元プロジェクト」(https://www.our-shurijo.org/)を主導するのは、東大大学院の川上玲特任講師(39)。「本体の再建には時間がかかると思うので、みなさんの気持ちがこもった画像をもとにしたモデルを提供したい」と意気込む。

この記事は有料記事です。

残り1196文字(全文1562文字)

あわせて読みたい

注目の特集