メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HOTプロ野球

広島最多セーブ記録 永川2軍投手コーチ「抑えの極意」語る

抑えで球団の歴史に名を刻んだ永川2軍コーチの現役時代の姿=広島市民球場で2003年9月4日、梅村直承撮影

 プロ野球は新人選手選択(ドラフト)会議が終わり、ロッテに1位指名された佐々木朗希(岩手・大船渡高)、ヤクルトの1位指名の奥川恭伸(石川・星稜高)両投手らが注目されている。その一方で、現役引退を決断した選手もいる。広島の永川勝浩2軍投手コーチ(38)もその一人。プロ17年で球団最多の165セーブをマークし、球団の歴史に名を残した永川コーチに「抑え投手」の極意などを聞いた。【聞き手・中村有花】

 ◆前日(22日)は、赤松真人選手(現2軍外野守備走塁コーチ)の引退試合が予定されていたが、雨で中止。中止が決まった直後に佐々岡(真司)さん(当時投手コーチ、現1軍監督)から電話があり、「明日、先発で(打者)1人、行くから」と言われた。

 それまで何度も見てきた引退試合では、引退する投手が打者1人に投げ「空振り三振」というシーン。チームがCS進出争いをしていたから、実際に試合で投げられるかどうか分からないと思っていたけど、投げられるならこういうふうになるかなと思っていた。それがまさかの「打者1人との真剣勝負」。そう伝えられてからの緊張はすごかった。

この記事は有料記事です。

残り1439文字(全文1912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 全長18.5メートルの巨大クジラ漂着 死因不明 福井・美浜町の海岸

  4. Social Good Opinion 廃棄される花にもう一度命を

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです