連載

世界の雑記帳

ロイター通信から、「へぇ~」と思わず声を上げそうな海外のニュースをお届けします。随時更新。

連載一覧

世界の雑記帳

捨て犬かと思ったら、純血種のディンゴ 豪民家の裏庭で発見

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
 オーストラリアの民家の裏庭に捨てられていた動物が、絶滅の危機に瀕している動物「ディンゴ」の純血種だったことが分かった。画像はビデオから(2019年 ロイター) 拡大
 オーストラリアの民家の裏庭に捨てられていた動物が、絶滅の危機に瀕している動物「ディンゴ」の純血種だったことが分かった。画像はビデオから(2019年 ロイター)

 [7日 ロイター] - オーストラリアの民家の裏庭に捨てられていた動物が、絶滅の危機に瀕している動物「ディンゴ」の純血種だったことが分かった。

 今回見つかった「ワンディ」は、メルボルンの北東330キロにある民家の裏庭に1匹でいるところを保護された。当初は捨てられた子犬とみられていたが、DNAを鑑定したところ、ディンゴの中でも最も絶滅が危ぶまれる「高山ディンゴ」の純血種だと判明した。

 保護施設のボランティア、メグ・ブラウニングさんは「野生のディンゴ保護に努めている。天から降ってきたような、純血のディンゴを保護できるなんて奇跡的だ」と話し、「本当に、天からの贈り物のようだ」と喜んだ。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集