施設出身者「ワクワク届け」 退所後の若者へ 自ら出演、動画配信

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
番組の配信をスタートした(左から)ブローハン聡さん、山本昌子さん、西坂来人さん=さいたま市内で2019年10月25日午後3時50分、山寺香撮影
番組の配信をスタートした(左から)ブローハン聡さん、山本昌子さん、西坂来人さん=さいたま市内で2019年10月25日午後3時50分、山寺香撮影

 さまざまな理由で親と暮らせない子どもたちを児童養護施設や里親家庭で育てる「社会的養護」に関心を持ってもらおうと、施設出身の3人が自ら出演する動画番組「THE THREE FLAGS~希望の狼煙(のろし)」のインターネット配信をスタートした。施設を退所した後、支えを失い困難に直面する若者も少なくない。3人は「後輩たちに、人生にはワクワクすることがたくさん待っていることを伝えたい」と話している。【山寺香】

 企画・制作するのは、タレントでモデルのブローハン聡さん(27)、成人を迎えた施設出身者に晴れ着での写真撮影を提供する団体「ACHAプロジェクト」代表の山本昌子さん(26)、映像作家・絵本作家の西坂来人(らいと)さん(33)=いずれも東京都在住=の3人。施設出身の後輩を支える活動などを通して知り合い、「自分たちの本当の声を発信したい」と意気投合した。約5カ月かけて試作版の配信など準備を進めてきた。

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文986文字)

あわせて読みたい

ニュース特集