メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

歌舞伎俳優・松本幸四郎さん 談志師匠に導かれ新境地

インタビューに答える松本幸四郎さん=東京都中央区で、松竹提供

 歌舞伎俳優の松本幸四郎さん(46)は古典・新作歌舞伎の上演にとどまらず、現代劇や創作舞踊、フィギュアスケートと歌舞伎とのコラボレーションなど、さまざまな挑戦を続けてきた。希代のエンターテイナーが目指す先に、何があるのだろうか。【沢田石洋史】

 幸四郎さんが「師」と仰ぐ落語家がいる。「古典を現代に」と、古典落語に新たな息を吹き込んだ立川談志師匠(2011年に75歳で死去)。談志師匠は著書「談志 最後の落語論」(09年)のあとがきで、歌舞伎界で注目する役者を2人挙げている。十八代目中村勘三郎さん(12年に57歳で死去)、そして七代目市川染五郎時代の幸四郎さんである。師匠はこう書く。<勘三郎と染五郎、この二人しか知らない。この二人が贔屓(ひいき)、とでもいうか>

 その談志師匠、幸四郎さんのことを「人前でパンツを脱げるやつ」と評していた。だが幸四郎さんは恥ずかし…

この記事は有料記事です。

残り2978文字(全文3360文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  5. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです