メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

観音山ファミリーパーク 開発・運営の事業者公募 施設整備など /群馬

 県は高崎市の県立公園「観音山ファミリーパーク」に民間活力を取り入れてより魅力的な公園整備を進める。キャンピング施設や樹木を活用したアスレチック施設の整備、飲食店の設置・誘致などを想定して、同公園の開発と運営を担う民間事業者を公募する。

 県が同公園に今回適用するのは、都市公園法に基づく「Park―PFI方式」(公募設置管理制度、P―PFI)という仕組み。自治体が管理する公園内に民間事業者が飲食店や売店、アトラクションなどの収益施設を設置・運営し、その収益の一部で公園設備の整備・改修を進めるというもの。

 同公園は、県を代表するランドマークである高崎白衣大観音の南東約3キロに立地。公園全体の広さが約60…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです