メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「ひとよ」 子供のために夫殺し /愛知

映画の一場面。一家の母親を演じた田中裕子さん (C)2019「ひとよ」製作委員会

 冒頭の数分に、これほど心を揺さぶられたのは久しぶりだ。田中裕子さんから目が離せなかった。土砂降りの夜、3人の子供たちのために、夫を家業のタクシーで轢(ひ)き殺した母。「もう誰もあんたたちを殴ったりしない。これからは好きなように暮らせる。自由に生きていける。何にだってなれる」――そう言い残し、母は出頭する。桑原裕子さんの舞台を映画化した白石和彌監督の「ひとよ」は、そんな衝撃の一夜から始まる。

 それから15年、吃音(きつおん)のある長男・大樹は電気店の娘と結婚して雇われ専務になり、東京で暮らす次男・雄二は大衆雑誌のフリーライターに甘んじている。そして妹・園子は、地元の寂れたスナックで水商売に明け暮れ……。3兄弟は“人殺しの子供”として、母の言葉とは程遠い人生を歩んでいる。そんな3人の前に、母が突然戻ってくる。毅然(きぜん)とした態度で。詫(わ)びることもなく。

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです