メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「ひとよ」 子供のために夫殺し /愛知

映画の一場面。一家の母親を演じた田中裕子さん (C)2019「ひとよ」製作委員会

 冒頭の数分に、これほど心を揺さぶられたのは久しぶりだ。田中裕子さんから目が離せなかった。土砂降りの夜、3人の子供たちのために、夫を家業のタクシーで轢(ひ)き殺した母。「もう誰もあんたたちを殴ったりしない。これからは好きなように暮らせる。自由に生きていける。何にだってなれる」――そう言い残し、母は出頭する。桑原裕子さんの舞台を映画化した白石和彌監督の「ひとよ」は、そんな衝撃の一夜から始まる。

 それから15年、吃音(きつおん)のある長男・大樹は電気店の娘と結婚して雇われ専務になり、東京で暮ら…

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです