メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う かつらぎ町立笠田小3年生 地元特産「柿の体験学習」 /和歌山

渋柿を使い、つるし柿を仕上げた子供たち=かつらぎ町立笠田小学校で、松野和生撮影

渋柿、おいしく食べるには

 地元特産の柿について子供たちに理解を深めてもらおうと、伊都橋本地域では毎年、収穫のピークを迎えたこの時期に小学校を中心に「柿の体験学習」を開いている。

 県産柿の主要産地として知られる同地域の橋本市、かつらぎ町、九度山町、高野町と、JA紀北かわかみ、県農業共済組合、県伊都振興局(事務局)でつくる「伊都地方農業振興協議会」が、学校と連携して2001年度から開催。和歌山市やかつらぎ町の友好都市・大阪府守口市を含め、18年度までに延べ352校計約1万8500人が体験している。

 体験学習では、柿の渋抜き(10月)か、つるし柿作り(11月)のいずれかを実施している。そのままでは…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  4. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです