メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水辺の青空美術館 伝来水防「畳堤」に作品展示 延岡・五ケ瀬川沿い /宮崎

 増水時に堤防をかさ上げできる特殊水防施設「畳堤(たたみてい)」のアピールを兼ねた「水辺の青空美術館」作品展が、延岡市の五ケ瀬川右岸で初めて開かれている。「ふるさと延岡」をテーマに描かれたパネル作品約80点が360メートルにわたって据え付けられ、市民を楽しませている。12月20日まで。

 大正~昭和初期に設置された畳堤は五ケ瀬川両岸の計約1キロに残る。コンクリート製枠で高さ約60センチ。畳を横にして差し込めるよう7センチの隙間(すきま)がある。地域住民が協力して川が氾濫する前に畳を差し込むユ…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. 文科省、保護者の確認「ハンコなし」で 家庭への連絡オンライン化促す

  4. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです