メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

「壁」崩壊の今日的意味=西川恵

 <kin-gon>

 あす9日は「ベルリンの壁」が崩壊して30年である。東西冷戦の終結を象徴するこの世界史的な出来事は、「今」をよりよく理解するための座標軸である。

 世界各地で幅広い人々を巻き込んだ反乱、抵抗運動、示威活動が起きている。平和的なものから、暴力行為を伴ったものまでさまざまだ。香港、スペイン、フランス、チリ、ホンジュラス、アルジェリア、レバノン、イラクなど、挙げればきりがない。

 背景は多様だが、三つに集約できる。貧富の格差拡大やインフレの高進など経済的な理由、自由・民主主義・…

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1035文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです