メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

荒ぶる気象

 台風19号が列島各地に深い爪痕を残した。各地で河川の堤防が決壊し、多数の死者・行方不明者を出した。さらに、台風21号による記録的な大雨に見舞われ、千葉県や福島県で被害が相次いだ。数十年に1度レベルの気象災害が相次ぐ日本。私たちはこのような災害にどう向き合うべきか。荒ぶる気象から学ぶことは何か。

防災「主客未分」の新段階に 片田敏孝・東京大特任教授

 台風19号は、極めて広範囲に大量に雨を降らした。その結果、東日本のいくつもの河川で流域全体が水であ…

この記事は有料記事です。

残り4356文字(全文4580文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  4. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです